Diana Garden Nishiazabu(ディアナガーデン西麻布)が2019年グッドデザイン賞を受賞しました

弊社でデザインを担当したディアナガーデン西麻布が2019年グッドデザイン賞を受賞しました。

東京都心では様々な法規規制により、形態が決まることが多いのですが、その制約を逆に生かした企画とデザインを行っています。

日影規制を受け壇上に大きくセットバックする形態を逆に生かし、ネガティブに受け取られがちな北側住戸を、都心にいながら眺望と空を感じるゆとりある空間で新しいライフスタイルを感じる住戸としました。
また、敷地が性格の異なる3つの道路に面しており、それぞれの街並みに相応しいファサードとアプローチ空間を確保しています。

内装デザインでは、欧米テーストの高級を志向するデザインではなく、白木に代表される日本人に相応しい高質なデザインを追求しました。

 

PROUD FLAT 戸越公園が2019年グッドデザイン賞を受賞しました

弊社で基本計画とデザインを担当したPROUD FLAT 戸越公園が2019年グッドデザイン賞を受賞しました。

最寄駅となる東急大井町線戸越公園駅には駅前商店街があり、本敷地はその商店街から一歩入った個人商店が点在する緩やかな商店街に立地します。このヒューマンスケールな商店街と緩やかな賑わいを継承することを意識しながら計画を行いました。

対面する小規模な施設に対して長大なファサードをバルコニーの形状を分割、細分化することでスケール感を合わせ通りの親しみ感を継承しています。

また、集合住宅はプライバシーを重視するあまり通りに対して閉じた計画が多く見られますが、本計画ではエントランスラウンジも外部テラスを介して通りに開き、内部の灯りも通りに漏れるよう配慮するとともに、1階は品川区の生活支援型一時保育施設が併設されることで、子供の元気な声が商店街に活気を与えることを願っています。

住戸は全室賃貸で、ワンルームタイプが70%を占めるため、ファミリータイプは最上階に集約させ、セットバックを利用し諸室が全てルーフテラスに面した約12mのフロンテージを持った特徴的な住戸を配置しています。

月刊誌建築ジャーナル10月号に「アトラス四谷本塩町」が掲載されました

月刊誌建築ジャーナル10月号に、「アトラス四谷本塩町」が掲載されました。

http://www.kj-web.or.jp/gekkan/2019/1910.html

アトラス四谷本塩町は、1956年に民間による分譲住宅として建設された「四谷コーポラス」(詳細は建築ジャーナル2018年8月号に掲載)の建替えです。

建替えに際し、弊社が地権者の意向を反映した独自の建替えプランを作成し、事業協力者としてのデベロッパーを選定することで、かなりの短期間で等価交換による建替え事業が実現しました。

日本では老朽化したマンションの建替えが多くの困難を伴い、今後社会問題化することが予想されます。今回は建替えの条件が恵まれていたこともありますが、少しでも参考になればと考えています。

「アトラス四谷本塩町」(四谷コーポラス建替え)の見学会を実施しました

日本における初めての民間による分譲マンションの「四谷コーポラス」の建替えが完了し、この度アトラス四谷本塩町として見学会を開催させていただきました。

弊社で地権者からの依頼により建替え計画案を作成し、事業予定者としてのデベロッパーを選定するお手伝いをさせていただきました。事業予定者決定以降は、デザイン監修の立場で設計・監理の監修をして参りました。

ラウンジには解体時に保存していた四谷コーポラスの化粧格子や扉で再構成したスクリーンや、建設当時の資料や、竣工年の1956年に出版された書籍、映画パンフレットを取り寄せ、メモリアルコーナーも作っています。

今後日本では老朽化したマンションの建替えが社会問題化することと思われますが、今回は建替えの条件が恵まれていたとはいえ、何らかの参考になればと考えております。

COMFORIA新中野の内覧会を実施しました。

弊社がデザインアーキテクトとしてデザインした、東急不動産様のCOMFORIA新中野の内覧会を施主の内覧会に合わせ行わせていただきます。

http://www.comforia.jp/resi_adf/shinnakano/index.html

敷地は、丸ノ内線新中野駅徒歩2分の昭和の面影を残す鍋横商店街に面した場所にあります。
3階から12階は総戸数138戸の賃貸集合住宅で1ルームからファミリータイプまで多彩なプランが設定されており、弊社ではメゾネットタイプとコートハウスタイプの2タイプの内装も担当しています。

商店街と反対側には中低層の住宅が広がり、その先には新宿の超高層ビル群を望むことができるため、このビューを最大限生かした住戸プランとしています。
1、2階は深夜まで営業予定の都市型スーパー(サミットの新しい業態)が入り、商店街の活性化を図るとともに、居住者の利便性を高めています。
商店街とアーケードとの間には、コーヒーを飲みながらテラスで休息する緩やかな風景を想定して、カフェテラスを設けています。
昭和の面影を残しつつも老朽化が進む商店街に新しい息吹を吹き込むことを願ってデザインを行いました。

※鍋横商店街について
作家の浅田次郎の自伝的小説と言われ映画にもなった「地下鉄に乗って」の舞台がこの鍋横商店街、新中野駅です。

 

月刊「近代建築」3月号に3物件が掲載されました。

月刊「近代建築」3月号の「特集 集合住宅の計画と設計 2019」に弊社で担当した以下の3物件が掲載されました。

1.ディアナガーデン西麻布

2.プラウド白金台

3.プラウドフラット浅草橋Ⅲ

研修のため休業のお知らせ

3月8日、11日は事務所研修旅行のためお休みとさせていただきます。

12日から平常業務となります。

完成間際の北京南法信プロジェクト

4年前から始まった北京の南法信プロジェクトの外装がほぼ完成したので見てきました。
敷地は北京国際空港の滑走路の真北に位置し、上空を低空で頻繁に飛行機が行き来する場所にあります。当初は1万㎡のオフィスを10棟、地下には商業施設と駐車場という条件で、新しいコミュニティを形成するワークスペースを作る提案をして、それが評価されて仕事を獲得したのですが、役所との協議が進むにつれ(中国では役所との交渉は全てクライアントが行う)、10棟が4棟になり、更にこのエリアはオフィスを作ってはいけないという事になりました。混迷を深め当社のコンセプトも消滅、最終的には4棟ともIDC(コンピューターのデータセンター)になり、我々は外装のデザインに集中することになりました。
近年の中国では、お金と時間があればかなりのクオリティを実現できるようになっていますが、今回は事業が混迷していたので、コスト抑制の要望が強く、最終的には1つのシステムで外装をまとめています。
アルミスパンドレル、アルミボーダーとガラスの三要素だけで、織物のようなパターンでファサードを構成しています。中国ではサッシュメーカーというよりは外装全般を請負う会社が、いろんなメーカーの形材をアッセンブルして施工図を提案してきます。日本では考えられないような高度な収まりを提案してくる一方で、寸法は現場で調整していくようなところもあり、当惑しながらも違いを楽しんでいました。やはり、日本の建築のクオリティはゼネコンの力と職人の精緻な能力に依ることを改めて認識しました。
完成しつつある建物は、少し離れて見れば収まりの粗さは気にならず、デザインの意図通りに太陽の角度により色んな表情を見せてくれます。
弊社のような小さな事務所がこのような大きなプロジェクトを任されるのも、中国ならではです。最終的には4棟全て売却できて、事業的には大成功だったようです。
正面ファサード
PM2.5のせいで空気が少し黄色味を帯びている
目指したのはアルミとガラスで構成する織物。太陽の光を反射して狙い通りのファサードに。階数がわからないガラス窓の配置。アルミスパンドレルは最後までアルマイトを主張するも、中国では品質が確保できないということで、焼き付けに。
4棟に囲われた中庭の食堂棟同じ素材、システムながら、中庭側は白で統一。

メインアプローチメインアプローチ見上げ

当初の計画案。10棟を一つの建物に見せる皮膜的外装。この外装は最後まで生きることに。

新しいワークスペースを提案。オフィス棟で囲まれた中庭はアトリウムとして地下まで一体的に商業施設を配置。

年末年始休業のお知らせ

弊社は12月29日より、来年1月6日までお休みをいただきます。

本年もご愛顧いただき、ありがとうございました。

新年は7日より業務を開始します。

来年もよろしくお願いします。