Diana Garden Nishiazabu(ディアナガーデン西麻布)が2019年グッドデザイン賞を受賞しました

弊社でデザインを担当したディアナガーデン西麻布が2019年グッドデザイン賞を受賞しました。

東京都心では様々な法規規制により、形態が決まることが多いのですが、その制約を逆に生かした企画とデザインを行っています。

日影規制を受け壇上に大きくセットバックする形態を逆に生かし、ネガティブに受け取られがちな北側住戸を、都心にいながら眺望と空を感じるゆとりある空間で新しいライフスタイルを感じる住戸としました。
また、敷地が性格の異なる3つの道路に面しており、それぞれの街並みに相応しいファサードとアプローチ空間を確保しています。

内装デザインでは、欧米テーストの高級を志向するデザインではなく、白木に代表される日本人に相応しい高質なデザインを追求しました。

 

PROUD FLAT 戸越公園が2019年グッドデザイン賞を受賞しました

弊社で基本計画とデザインを担当したPROUD FLAT 戸越公園が2019年グッドデザイン賞を受賞しました。

最寄駅となる東急大井町線戸越公園駅には駅前商店街があり、本敷地はその商店街から一歩入った個人商店が点在する緩やかな商店街に立地します。このヒューマンスケールな商店街と緩やかな賑わいを継承することを意識しながら計画を行いました。

対面する小規模な施設に対して長大なファサードをバルコニーの形状を分割、細分化することでスケール感を合わせ通りの親しみ感を継承しています。

また、集合住宅はプライバシーを重視するあまり通りに対して閉じた計画が多く見られますが、本計画ではエントランスラウンジも外部テラスを介して通りに開き、内部の灯りも通りに漏れるよう配慮するとともに、1階は品川区の生活支援型一時保育施設が併設されることで、子供の元気な声が商店街に活気を与えることを願っています。

住戸は全室賃貸で、ワンルームタイプが70%を占めるため、ファミリータイプは最上階に集約させ、セットバックを利用し諸室が全てルーフテラスに面した約12mのフロンテージを持った特徴的な住戸を配置しています。